精神病になったときに大切なことは診断を受けること|治療に取り組む

通院する目的

医者

病院はきちんと選ぶ

病院を利用することは、精神病にとって大変、大切なこととなります。診断が下ったあと、病院側は入院を求めてくることもあります。それは患者にとって休養が必要である場合が多く、精神病をこれ以上悪化させないための措置でもあります。こういったときは、医師に従い入院の準備をすすめましょう。その後、医師から退院のめどが立ち次第、退院するための診断が下されます。また、入院ではなく「デイケアに通うこと」を勧める医師もいます。デイケアというのは、日中に病院に患者を集めて行う集団治療の一種です。これを利用する場合も、医師の診断が必要です。ですが、デイケアの場合は患者側から申し出れば通うことも可能です。行っていることの例をあげると、手先を使った作業療法や、身体を動かす体操やリトミック、他の患者と触れ合う交流会などです。どちらも有用に病院を活用する方法ですが、目的はひとつ、「治療すること」です。医師からの指示で、自分に一番、合っている方法で治療をすることが大切なのです。精神病を治療する診療科には二種類あります。「心療内科」と「精神科」です。心療内科は、心の健康が損なわれ、内科的な措置が必要になった人がかかる診療科です。一方、精神科はそれよりも重い症状で、肉体的にも精神的にも疲弊しきってしまった人が通うべき診療科です。精神病の診断は、どちらかといえば精神科でのほうが下りやすいです。診断できる基準が、それぞれ微妙に異なるからです。特に、より重い症状に診断を付けなければならない場合、心療内科では手に負えない、といったこともあります。また、心療内科の治療だけでは十分な効果を得られないこともあるでしょう。そのときは、心療内科から精神科に紹介状を書いてもらい、精神科に行くのもひとつの手段です。心療内科ではされなかった精神病の診断も、精神科でははっきりとわかるということはよくあります。盲目的に治療を行うだけでなく、常に自分や医師と対話しながら、どんな治療をすべきか考える必要があります。精神科から心療内科に転院する際も、それが自分に最善かどうかしっかりと考えてから行いましょう。

Copyright© 2018 精神病になったときに大切なことは診断を受けること|治療に取り組む All Rights Reserved.